12/3 アメニティドリーム新宿店 モダン 2-0

こんにちは。今週の日曜日にアメニティドリーム新宿店でモダンの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。参加者3名で、総当たりの2回戦。使用デッキはエルドラージタックスで、前回使用時からメインサイドともに変更点はありません。結果は2-0でした。
1回戦 5cSlivers ◯◯
相手は集合した中隊のための緑と菅草スリヴァーのための黒を中心に、他は強固なマナ基盤のもと5色のスリヴァーを投入したデッキでした。
1ゲーム目は序盤は攻められましたが難題で盤面を止め、幽霊街で沼を破壊して菅草スリヴァーの修正を無くして勝利。菅草スリヴァーはとても強力で、再生があると相手はチャンプアタックでカード面で損をせずライフが詰めることができます。
2ゲーム目はミラディンの十字軍で盤面を止め、変異エルドラージ+オルゾフの司教で相手の盤面を壊滅させて勝ちました。
2回戦 BURControl ◯◯
相手は氷の中の存在と、謎めいた命令の代わりにヴェールのリリアナを入れたミッドレンジよりのグリクシスコントロールでした。
1ゲーム目は後手でレオニンの裁き人、ミラディンの十字軍、幽霊街、土地4をキープ。このキープが正しかったかは分かりません。
相手は1ターン目思考囲い(ミラディンの十字軍)、2ターン目氷の中の存在。
1ターン目のドローは土地、2ターン目のドローは変異エルドラージ。
僕は2ターン目にレオニンの裁き人を出しましたか、これが正しかったかはわかりません。幽霊街をスペル換算しての土地5キープだったので、致命的な一押しの効かない変異エルドラージを出し、相手のメインフェイズで対処させてからレオニンの裁き人+幽霊街を決めるなどのプレイもあったかも知れません。
その後のゲームでは氷の中の存在の変身のタイミングを意識していない場面などがありながらも、相手がマナフラしたため、押し切ることができました。
サイドボードでは、流刑への道を1枚抜き3枚にしたのですが、これは間違いで、相手がミッドレンジ寄りであるから1枚も抜かないのが正しかったです。
2ゲーム目は以下の盤面でミスをしたかもしれません。
相手ライフ3、土地4枚(赤マナは無い)。
こちら変異エルドラージ、レオニンの裁き人、1/1飛行スピリットトークン2体。
ここで僕は墓地の未練ある魂をフラッシュバックしましたが、滅びをケアしてフラッシュバックしない選択肢もあったと思います。
最後にTipsをあげておきます。
・相手の基本土地の枚数を考え幽霊街で色マナを切らすプレイがある。
・グリクシスコントロール相手にはクリーチャーを追放すると回収されない。
次回の大会では豪華の王、ゴンティを試してみたいですね。4マナがやや重いのと、黒のダブルシンボルが不安ですが、変異エルドラージ/ちらつき鬼火/不毛の地の絞殺者とシナジーがあり、単体でもタルモゴイフや死の影と相打ちを取ってくれる上にアドバンテージを稼いでくれるクリーチャーです。
WMC日本が優勝しましたね!八十岡選手が赤単と普段とは異なるデッキ選択をしながらも、いつもと変わらぬ素晴らしいプレイを魅せてくれてシビれました。八十岡選手はコントロールに対して、無理なアタックをせず、相手の勝ち手段やアドバンテージ獲得手段を潰すことで、序盤に攻めきるだけでなく長期戦でも優位を確保していた印象があります。もちろんコントロール側が多少のマナフラをしてくれないとこの作戦は成り立ちませんが、序盤に攻めきるだけでない勝ち方の可能性を残すのは素晴らしい大局観で、是非とも参考にしたいですね。
それでは。

11/26 アメニティドリーム新宿店 モダン 2-1

こんにちは。今週の日曜日にアメニティードリーム新宿店で行われたモダンの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。参加者7名の3回戦。使用デッキはエルドラージタックスで、前回から変更点はありません。結果は2-1でした。
1回戦 RwBurn ◯◯
相手の方のデッキは、前回大会でも当たった赤白のバーンデッキでした。
1ゲーム目は先手で3ターン目から難題、難題、難題で簡単に勝ち。2ゲーム目は相手が1ターン目はタップインから2ターン目裂け目の稲妻待機と、あまり良い動きではなかったのと、相手が流刑への道や摩耗/損耗などデッキ本来の動きと関連がないカードをたくさん引いたため、動きがちぐはぐになってしまい、勝つことができました。このマッチで気になっている点は2ゲーム目に相手にクリーチャーがいない局面で集団的蛮行を打ったところですね。手札に流刑への道があり、ほぼ間違いなく相手はクリーチャーを引いていなかったため打ったこと自体は間違っていなかったと思いますが、増呪コストで手札のクリーチャーを捨てたのは間違っていたかもしれません。バーン相手の負け筋にクリーチャーが残滅され相手のライフを削れず、トップデッキを許して負けというのがあるので。ただ他にいい選択肢もなかったため、待つ選択肢も検討すべきだったと思います。
2回戦 MonoB Vampires ×◯◯
相手の方のデッキは、恐血鬼や吸血鬼の呪詛術士の低マナ吸血鬼を蠱惑的な吸血鬼や吸血鬼の夜侯などでバックアップしていくミッドレンジよりのデッキでした。
1ゲーム目は次の手札をキープ。

f:id:rayoh3:20171130194020j:image
このキープが正しかったかはわかりませんが、その後土地しか引かず負けてしまいました。
2ゲーム目は吸血鬼の呪詛術士と霊気の薬瓶の相互作用や、最後の望み、リリアナの+能力を見逃していたりと、ミスが多く出ました。なんとかちらつき鬼火を霊気の薬瓶で出しリリアナを追放して、その後の攻撃で処理し、勝つことができました。3ゲーム目は相手を捌ききって勝ちました。
3回戦 WUB Spirits ◯××
相手の方のデッキは、貴族の教主のマナ加速からインスタントタイミングでスピリットを展開していくデッキでした。
呪文捉えがちらつくとこちらの2/2や2/1が殴りに行けないので、メインボード戦ではまず第一メインにハンデスクリーチャーを唱えてから殴りに行くのがよさそうです。難しいのがどこで呪文捉えさせるかで、練習が必要だと感じました。
サイドボード後はヘイトベアーを抜いた戦い方をしたのですが、感触は良いです。おそらくサイド後の負け筋はカンパニーを複数枚引かれて除去が追いつかずに負けるくらいかと思いました。
最後にtipsを置いておきます。
・パワータフネスが変更されたクリーチャーにはカウンターを置くこと(戒め)。
・不毛の地の絞殺者は待機カードも昇華できる。
・ちらつき鬼火を霊気の薬瓶を使って自分のエンドフェイズか相手ターンに出し、PWを追放することで能力起動を1ターン止めることができる。
・こちらの除去は致命的な一押し以外は無私の霊魂ではかわせないため、無私の霊魂は絶対に除去すべきカードではない。
大会の後、大会では当たらなかったランタンコントロールを使っていた方とフリーをしました。サイド含めて数ゲームしたのですが、その方に指摘していただいたことを含めて気付いた事を置いておきます。
・一般的なリストではメインの基本土地は島1枚のみ。
・罠の橋とランタンとミルアーティファクトが2〜3枚揃ったら投了のタイミング。
・安らかなる眠りをサイドインする選択肢もある。
・幽霊街や流刑への道で自分で山札をシャッフルすることで突破できることがある。
・変異エルドラージで難題の予見者をブリンクし土地をドローさせることで突破できることがある。

今回の大会ではミスプレイが多くて、とても悔しい思いをしました。先週はMOもできずこの大会が一週間ぶりのマジックだったため、大会に臨むに当たって緊張してしまったのも反省点です。プレイするにあたって、最近大事だと気付いたのは巻き戻しが起きないようにこちらのペースでプレイする意識をすることです。どうしても何か「合わない」相手だったり、相手にこちらが対応がないと思われている時には相手に合わせてゲームを進めてしまうことがあります。そんな時でもしっかり「自分の間」を取ることが大事だと思います。
一方で、今回の大会では接戦が多くプレイしていて楽しい局面も多くありました。一年以上エルドラージタックスを回していてもまだ当たってない相手と対戦でき、得たものも多かったです。
それでは。

11/19 アメニティドリーム新宿店 モダン 3-0

こんにちは。今週の日曜日にアメニティードリーム新宿店でモダンの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。参加人数は5名で、スイスドロー3回戦でした。使用デッキはゴブリンで、前回使った時からメイン・サイドともに変えていません。結果は3-0でした。
1回戦 vsUWR Traft ◯◯
相手の方のデッキは、聖トラフトの霊と呪文捉えが入ったジェスカイカラーのアグロコントロールデッキでした。
1ゲーム目は先手でした。このゲームでは、1ターン目にゴブリンの先達で殴った時、電解が見えたため、盤面を作ることよりダメージを優先したのですが、その判断は間違っていなかったと思います。2ゲーム目はサイドインした四肢切断で呪文捉えを除去でき、勝つことができました。聖トラフトの霊が入っているジェスカイのデッキはサイドボードまで見ても全体除去がそれほど入っていないので、やや与し易い相手かもしれません。
2回戦 vsUB Fearies ◯×◯
相手の方のデッキは青黒フェアリーデッキでした。
1ゲーム目の反省点は火力を打つタイミングが遅かったかもしれない点ですね。相手の場に苦花があり、相手ライフは11、こちらの手札に稲妻とゴブリンの手投げ弾があるという盤面で、こちらは盤面を維持するのを優先してパスしたのですが、ここで火力を打っても良かったかもしれません。ソーサリータイミングの火力であるゴブリンの手投げ弾はフェアリー相手に通すのがかなり難しいので、自信はなくても打てる時には打ってしまうくらいでいいのかもしれないです。2ゲーム目の反省点は2点あります。1点目は後手の2ターン目、相手が変わり谷と島でエンドしてきた所に土地が詰まってしまったこちらがゴブリンガイドを出したところですね。マナ漏出もありえますが、呪文詰まりのスプライトが見え見えだったので出さない選択肢もありました。もう1点は手札の稲妻2枚を相手のタップアウトしている隙に打ってしまったことですね。盤面では負けていて、手札に2枚あるゴブリンの手投げ弾を通さなければ負けそうだったため、稲妻は囮として使って相手からカウンターを引き出すべきでした。
3ゲーム目は5枚までマリガン。土地が詰まった上に手札にゴブリンの酋長が貯まり、負けを覚悟しましたが相手が土地3枚で止まり何も唱えられないターンがあったため勝ちを拾うことができました。
3回戦 vsRwBurn ◯◯
相手の方のデッキは赤と白の2色にまとめ、メインに二股の稲妻が入っているのが特徴なバーンデッキでした。
1ゲーム目は先手の利と相手がクリーチャー中心のドローではなかったため、勝つことができました。印象としては、奇襲隊でダメージを一気に押し込めれば相手がカードを守備的に使わざるを得なくなり、勝ちやすくなるイメージです。一方で相手のクリーチャーはこちらのクリーチャーよりサイズがやや大きいので、先手でクリーチャーで押されるとこちらのクリーチャーが相手のクリーチャーをブロックできずに負けてしまいます。2ゲーム目は後手で土地4だがゴブリンの先達・モグの戦争司令官・二股の稲妻という手札をキープしました。この判断は間違っていなかったと思います。このゲームではサイドボードカードであるドラゴンの爪を引いたものの土地を10枚くらい引いてしまい、かなり長引きましたが相手がクリーチャーを引けなかったため勝つことができました。2ゲーム目で気になった点は2つあります。1つ目は相手が先手2ターン目に土地1枚で詰まった時、こちらは後手2ターン目にゴブリンの先達でアタックすべきではなかったかもしれないことです。2つ目はこちらがクリーチャーが2体以上コントロールしている時に、相手の速攻を持つクリーチャーへのケアをどの程度意識するかということですね。
最後にTipsを置いておきます。
・呪文捉えと奇襲隊の関係。呪文捉えに無謀な奇襲体が捉えられた場合、除去しても怒濤コストを支払った事にならないので全体強化効果は誘発しない。一方、ゴブリンの奇襲体が捉えられた場合、除去した時にキッカーコストを支払う事ができ、支払った場合全体強化効果は誘発する。
・モグの戦争司令官のエコーは誘発型能力。誘発忘れしやすいので注意すること。
ダイスを全勝したので全て1ゲーム目を先手でプレイできてツイていました。ゴブリンはゲーム自体は短いのですが考えることはわりかしあって回していて楽しいです。この手の細かいクリーチャーを並べて全体強化、みたいなデッキは好きですね。
今は「永遠衆、ネヘブ」でEDHデッキを組むためにカードを集めています。ネヘブでマナ加速してドラゴンの嵐を打つデッキにする予定です。ドラゴンの嵐にはすごく思い入れがあるので、どんな形にせよドラゴンの嵐をスリーブに入れられるのは嬉しいですね。
それでは。

11/5 アメニティドリーム新宿店 モダン 2-1

こんにちは。今週の日曜日にアメニティドリーム新宿店でモダンの大会に出てきたので、レポートを書きたいと思います。参加者6名の3回戦。使用デッキはエルドラージタックスで、結果は2-1でした。
1回戦 vsMonoW Prison ◯◯
相手の方のデッキは、亡霊の牢獄などの妨害エンチャントを張りながらニクスの祭殿、ニクソスでマナ加速し、不朽の理想で勝利するデッキでした。
1ゲーム目は先手で2ターン目に出したサリアが効いて相手の動きが1ターンずつ遅れ、こちらはバイアルも出していたので手数で5ターン目神の怒りの返しに勝利。2ゲーム目は相手が後手を選択。1ターン目バイアル、2ターン目レオニンの返しに抑制の場を置かれてしまいましたが、3ターン目に迷った末幽霊街で相手の土地を割ったのが良いプレイで、相手は次の次のターンに土地が置けず、そこにまた幽霊街でマナスクリューさせて勝ちました。
2回戦 vsRG Ponza ××
相手の方のデッキは、東屋のエルフ/極楽鳥/楽園の拡散でマナ加速しながら血染めの月を張り、中マナ〜高マナ域の脅威で勝つデッキでした。
1ゲーム目は相手が後手3ターン目に血染めの月を貼り、こちらは基本土地をコントロールしていなかったですが霊気の薬瓶はあったためまだなんとかなるかといった所でした。相手の動きもややマナスクリューして芳しくなかったのですが、忌むべき者のかがり火でこちらの場が一掃。返しに薬瓶から難題の予見者を出して、相手が4マナある状態で4マナ×2、5マナ、6マナという手札から4マナ域1枚を抜いて、さらにこちらが難題の予見者をもう1枚引いた上で相手が土地を引かなければなんとかなるかというところ。都合よく難題の予見者が引けるわけもなく負けました。
2ゲーム目は次の手札をマリガン。

f:id:rayoh3:20171107231920j:image
薬瓶があり、幽霊街で基本土地を引っ張ってこれるのでもしかしたらキープで良かったかもしれません。
1マリ後の手札をキープし、2ターン目レオニン、3ターン目ミラディンの十字軍と動いた返しに血染めの月。相手が赤赤が出ず業火のタイタンが出せなかったためミラディンの十字軍が生き残り続ける展開に。ただミラディンの十字軍だけでライフを削れるわけもなく、相手の業火のタイタンが間に合って負けました。
3回戦 vsWG Humans ×◯◯
相手の方のデッキはこれまでに何度か対戦したことがある、同盟者/人間が出た時に+1/+1カウンターを置くクリーチャーと硬化した鱗を組み合わせたアグロデッキでした。このデッキ相手にはサリアとレオニンの裁き人がチャンプブロッカーにしかならないため、メインは苦手な相手です。
1ゲーム目は綺麗に回られて負け。2ゲーム目は1ターン目のバイアルに頼ったキープでしたが相手の動きがやや鈍く、こちらのドローも強くて勝ち。3ゲーム目はこちらが5枚までマリガンし、土地4断片化という手札で正直負けたと思いましたが、その後のこちらの引きが強かったのと相手が壮絶にマナフラして勝ち。相手がこちらから見て変なアタックを仕掛けてきた時が一回あって、そこでライフが保って勝った感じです。
最後にtipsを置いておきます。
・ちらつき鬼火の遅延誘発型能力がエンドフェイズに2回誘発した場合、能力のコントローラーが好きな順番でスタックに積むことが可能。

今月はアイコニックマスターズの発売月ですね。僕はできるだけ多くのドラフトの大会に参加したいと思ってます。基本土地だけでも価値があり、これまで再録されていなかったカードがたくさん再録されているので、パックを剥くのが楽しみです。軽くリストを見てみた印象を書きます。まず、エターナル環境からの再録であるのでレアの中に明らかにおかしいカードパワーのカードが混じっていますね。そうでなくても全体的にレアは強力で、がっかりレアはそんなに多くなさそうです。アーキタイプとしてはライフゲイン/+1/+1カウンター/スペル/ライブラリー破壊/防衛/ドラゴンが目につきました。ライブラリー破壊と防衛はコモンで組める部分が多そうなので是非ドラフトしてみたいですね。
それでは。

10/28 Tsutaya三軒茶屋 ドラフト 3-0

こんにちは。先週の土曜日にTsutaya三軒茶屋でドラフト・パーティーに参加してきたので、レポートを書きたいと思います。参加人数は3人。マジックを知っている店員さんが入ってくださって、4人でドラフトしました。黒赤タッチ白を組むことができ、結果は3-0でした。
ピック
1-1遺跡の略奪者
1-2指名手配の獄道者
1-3海賊のカットラス
1-5決別の砲撃 
パック唯一の赤いカードが一周し、黒赤へ一直線に向かうことに決めました。凶兆艦隊の船長が見えていて、多色なため遅い順目で取ることができました。
2-1焦熱の連続砲撃
2パック目はややしょっぱい内容でしたが、1パック目でカードたくさんとれていたため釣り合いが取れるかなといった感じです。
3-1戦場の詩人、ファートリ
タッチで使う事ができます。
3-3焼熱の太陽の化身
赤を独占していたため拾えました。
3パック目は空の恐怖が宅内をぐるぐる回っていたのですが、もしかしたらタッチで使えた可能性があります。ただ2マナ域をタッチで使いたくないと僕は思っているので手を出しませんでした。
4人ドラフトで他に誰もやっていない赤を独占できたのは幸運でした。さらに何手かヘイトピックに回せたのは良かったです。反省点としては、赤のカードが最終的にかなり余ったので、デッキの完成像を早めにイメージできていればもっとヘイトドラフトに回せたかも知れません。
デッキ

f:id:rayoh3:20171031193714j:image

最後の1枚で悩みました。具体的には猛竜の幼生か不死の古きものかです。不死の古きものの飛行も捨てがたいのですが、軽い方を優先しました。強襲のトリガー及び猛竜の群れのための恐竜カウントにもなるのでこちらで良かったです。
カード単位での印象。凶兆艦隊の船長は攻撃時にタフネスも上がるのが強いです。2ターン目に出すと交換になる可能性が高いので、マナ効率が許すなら2ターン目に他の海賊を出してから3〜4ターン目にキャストしたいカードですね。
遺跡の略奪者はアドバンテージが取れるのは偉いものの、ライフルーズが環境的にキツく、タフネス2も脆いです。強いカードですが見た目よりは弱い。

f:id:rayoh3:20171031193816j:image

サイドボードは使いませんでした。もしかしたら乗っ取りはありかなとは思いました。緑と白のカードはヘイトピックです。
1回戦 vsWG ◯◯ 下家
相手の方のデッキは轟く棘背びれをマナカーブの頂点とし2枚のプテラドンの騎士が入った白緑の恐竜シナジーがある白緑のデッキでした。
1ゲーム目のミスは、5マナ立ってる相手に、手札に決別の砲撃があるのに5枚目の土地を置かずにアタックしたことです。序盤こちらが後手でダメージレースを先行されましたが相手がマナフラしたため勝つことができました。
2ゲーム目は相手がダブマリ。相手はマナ加速はあったものの重いところを引かずマナフラしたため、こちらも5枚目の土地が置けませんでしたが勝つことができました。
2回戦 vsUG ◯◯ 対面
相手の方のデッキは2マナ〜3マナにカードが集中した強力なマーフォークシナジーがある青緑のデッキでした。
1ゲーム目は深根の戦士をこちらの凶兆艦隊の貯め込み屋がブロックできず、ややマナフラしていたのもありダメージで押されていましたが焼熱の太陽の化身を引いて勝つことができました。最後こちらのライフが詰まっていた状況で2/2に除去打ったのは良いプレイだったと思います。青緑は大きいクリーチャーを除去がしにくく、ダメージレースできないようにすればほぼ負けないので。
2ゲーム目は序盤にチャンプアタックから連続砲撃で場を一掃。そのあとすぐ突進するモンストロサウルスを引いて押し込んで勝つことができました。
3回戦 vsWB ◯◯ 上家
相手の方は店員さんで、マジックはカジュアルに身内同士でやっているそうです。ドラフトは今回が初めてだそうで、デッキはキンジャーリの陽光翼が入っていましたがややカードが足りない白黒のデッキでした。
1ゲーム目は中盤フラットな盤面で宝物からファートリが降臨。恐竜トークンを2体出してから、飛行で落とされました。ただ落とされた返しで9点入れ、モンストロサウルスも駆けつけて勝つことができました。
2ゲーム目は相手が序盤マナスクリュー。ただライフを詰められなかったので捌くプランに移行して焼熱の太陽の化身で勝つことができました。
このゲームでは中盤で激情の猛竜で相手の自暴自棄の漂流者に突っ込んだところがありました。この盤面で、交換する必要はなかったかもしれないと思っています。相手は次のターンアタックしてこなさそうで、交換するにしてもターンを渡して相手にアタックするか選ばせた方が良かったかもしれません。
最後にtipsを置いておきます。
tips
・緑で5マナを立ててエンドしてきたら危険信号です。噛み付く帆背びれがあるので除去を構えましょう。
・強襲達成するため稲妻砲手でアタックする選択肢もあります。
・ファートリのマイナス能力はプレイヤーには入りません。
Tsutaya三軒茶屋での今後のマジックの大会の予定を聞いてみたのですが、とりあえず火曜日と金曜日にマジックリーグをやるみたいです。ドラフトについては未定だそうですが、僕個人の意見としては今後も同じ時間に是非ドラフトの大会を開いて欲しいですね。
イクサランドラフトを3回やれ、とりあえず自分の中での目標である「各環境でドラフト3回」のルールを達成できて嬉しいです。来月はアイコニックマスターズが発売されます。今回はプレ値にはならなそうなので、是非何回かドラフトしてみたいですね。
それでは。

今週(10/1〜10/18)のpauper 1-4

こんにちは。先々週〜先週のPauperリーグの結果と反省を書いておきたいと思います。デッキはボロスキティで、前回使用時からメインサイドともに変えていません。結果は1-4でした。
試合結果&プレイ
1回戦 緑単ストンピィ ×◯◯
1ゲーム目では最後のターンに正しく土地をタップしていれば生き残れる可能性がありました。
2回戦 緑単ストンピィ ◯××
3ゲーム目では相手のエンドに1マナ立ってる所に稲妻を打って、解決してから吠え群れの飢えで+1/+1カウンターを呪禁クリーチャーの上に乗せられて、ライフが詰まったのが響いて負けました。
3回戦 バーン ××
4回戦 URフェアリー ◯××
また負けてしまいました。メインは勝てる事も多いのですが、サイド後は相手にトークン対策の全体除去が入るのが厳しいですね。サイドプランを見直さなければダメですね。
5回戦 WG Auras ××
今回の対戦を受けて、構築、特にサイドボードで、バーン相手の対戦は相手が普通の回り方をすると簡単に負けてしまうので、サイド後では確実に1枚対策カードを引けるように枚数を増やす必要があると感じました。
夏休みに始めたPauperですが、大学が始まって2週間に1リーグの消化がやっとになってしまいました。11月の半ばまでは忙しい日が続くので、しばらくPauperはお休みしようと思います。リーグをやるだけではなくフリー対戦なども利用して練習しなければ勝てるようにはならないので、再開しても2週間に1リーグ消化しつつフリー対戦でも練習、みたいな感じにするつもりです。
Pauper始めてからボロスキティを使い続けていますが、受けるデッキは難しいですね。多種多様な脅威に対して関係なく攻めきる、ということがしにくいので1つ1つ種類の違う脅威に正しく対応しなければなりません。この手のデッキは練習が本当に大事で、僕のようなスタイルでPauperやる人には向いていないのかも知れませんね。
それでは。

10/15 アメニティドリーム新宿店 モダン 2-0

こんにちは。今週の日曜日にアメニティドリーム新宿店でモダンの大会に出てきたのでレポートを書きたいと思います。参加者3名の総当たりの2回戦。使用デッキはエルドラージタックスで、前回使用時からメインサイドともに変えていません。結果は2-0でした。
1回戦 vsWUR Delver ◯×◯
相手の方のデッキはボロスの魔除けが入ったかなりバーンよりのデッキでした。
ゲームで難しかったのは1ゲーム目のライフを詰めに行く局面で、潮の虚ろの漕ぎ手でアタックすべきかどうかでした。瞬唱の魔導士で戦闘で漕ぎ手が相打ちを取られると一気に劣勢になってしまいます。局面的には全員でアタックして何も無ければ勝ちでした。具体的な局面が分からないのでなんとも言いようがありませんが、大まかな方針としてはこちらがビートダウン側に立つ場合はこちらが有利な時間帯にライフを詰められ無ければ負けなので、リスクを取るべきです。
マッチ的にはサイドボーディングで苦渋の破棄を入れたのはやりすぎだったかもしれません。血染めの月が怖くてそうしましたが相手はバーン気味のデッキで主な対象も秘密を掘り下げるものくらいで間に合ってないです。
2回戦 vsWUR Traft ×◯◯
相手の方のデッキは聖トラフトの霊と呪文捉えが入ったクリーチャーよりのジェスカイコントロール〜ミッドレンジでした。
1ゲーム目では相手が白マナ1つ立ってる所に変異エルドラージを出してエンドに流刑への道されるという局面があったのですが、そこでクリーチャー出さない選択肢はあったかなと考えています。ただ相手が既に流刑への道を1枚使っていたのと、何もなくても青赤と白青のランドだったら普通は白青を立てる(難題に対応する構えを見せるため)と思うので、しょうがないかとも思います。怪しいとしたら相手が唯一の白マナである所のミシュラランドを立てていたことくらいですかね。
3ゲーム目で気になったのは、以下の盤面です。手に2マナクリーチャー2枚と変異難題難題と合って、場にはバイアルがカウンター0個、相手の手札に呪文捉えがあると分かっているところで、僕は2マナクリーチャーはバイアルから出せばいいから変異→難題→難題という順番(解決したい難題を最後に)でプレイしました。ただ、難題からプレイした場合、次のターンに2行動できるので、難題から行く選択肢もありました。
このマッチではサイド後後手では絞殺者を3枚、先手は2枚にしました。3ゲーム目の最後に絞殺者がいい局面で呪文捉えを除去してくれたので当時はいいサイドボーディングをしたと思っていましたが、よく考えたらちらつき鬼火でも同じことができてちらつき鬼火の方が汎用性が高いのでちらつき鬼火を抜いてまで絞殺者を入れたのは間違いでした(笑)。
最後にTipsを置いておきます。
・ちらつき鬼火で呪文捉えを対象に取ることで捉えられた呪文を取り返せる。一方変異エルドラージで呪文捉えを対象に取った場合は相手に能力誘発を好きな順番で積まれるため捉えられたままになる。
今回初めてトリコトラフトと対戦し、サイドプランを考えてみたのですが、通常コントロールに有効であるはずのゼンティカーの同盟者、ギデオンが入れにくいのが嫌らしいですね。安らかなる眠りを入れるかどうかは難しいものの、機械的にサイドインするのではなく論理の結び目を相手が使っていたら入れる、みたいにする方針です。2〜3リストを見てみたのですが血染めの月は入っていないことの方が多いらしいので、苦渋の破棄は2ゲーム目で月を見たら入れるのが正しいかなと思います。
2週間ぶりにモダンをやったのですが、カード1枚1枚が強くてやっぱり楽しいですね。特にフェアデッキ同士だとトップデッキ、ライフ、盤面、手札全てを考えなくてはいけなくて大変難しいのですが、そこが醍醐味でもありますね。
それでは。