カタン ソルジャーを使うタイミングについて

こんにちは。昨日、カタンというボードゲームで遊んできました。その中で、発展カードのソルジャー(騎士)について気になったことがあったので、考察をしたいと思います。
発展カードは自分の手番中いつでも使うことができます。私の考えでは、ソルジャーはサイコロを振る前に使うのがセオリーだと思っていました。しかし、一緒にプレイしていた友人に、「サイコロで7を出した場合に備えて、ソルジャーはサイコロを振る後に使うのが良い」と言われ、頷かされる部分もありました。
以下、自分にとって重要な目が封じられている前提で話を進めます。
まず、7か封じられている目以外がでた場合は、サイコロを振る前でも後でも変わりはありません。その上で、サイコロを振る前と後のメリット・デメリットを箇条書きすると、
・前のメリット
封じられていた目が出た場合、資源が採れる。
・前のデメリット
7が出た場合に、
ソルジャーによって手札が8枚になった場合、バーストする。
(サイコロを振る前に既に自分の意思でソルジャーを移動させているので)自分にとって最も良い位置にソルジャーを置けない可能性がある
手札が8枚の人に使うと、バースト阻止になってしまう。

・後のメリット
7が出た場合、ソルジャーを使わずに自分にとって最も良い位置に盗賊を置ける。
・後のデメリット
封じられている目が出た場合、資源が採れない。
メリットとデメリットを見比べると、一言で言えば「7が出た場合は後の方がメリットが大きく、封じられている目が出た場合は先の方がメリットが大きい(当たり前ですが)」となります。サイコロを2個振った場合一番出やすい目は7なので、確率論的に言えばサイコロの後に使った方が良いように思えます。
ここで、前と後の利得の大きさに注目してみます。前の利得は封じられていた目から出た資源で、後の利得はソルジャー1枚分の機会損失を防いだことです。
後の方の利得について先に考えてみます。ソルジャー1枚を「使わずにすんだ」メリットは、果たしてどれだけあるのでしょうか。
まず、前提として、発展カードは1ターンに1枚しか使えないため、発展カードをアグレッシブに使うことはある程度許容されます。特にソルジャーは、複数枚使用することによってラージェストアーミー(最大騎士力)を獲得でき、いち早く獲得することによって、他プレイヤーが同数枚のソルジャーを使用してもラージェストアーミーを保持できるメリットがあります。
その上で、ソルジャー1枚の機会損失を防いだことによる利得は、これからまだソルジャーを使うタイミングが訪れそうな序盤や、ラージェストアーミー獲得競争が無く、慌ててソルジャーを使う必要がない場では大きくなるでしょう。一方で、ソルジャーを使う良いタイミングがこれから訪れなさそうな終盤や、ラージェストアーミー獲得のために一刻も早くソルジャーを使わざるを得ない場合、またこのターン自分がチャンスカードを引く(ことによって多くの場合は追加のソルジャーが引ける)場合は小さくなります。
では、前に使った場合、即ち、資源が獲得できた場合の利得はどれくらいあるでしょうか。まず、封じられている目がもし出た場合に、何枚資源が獲得できるか、ということは重要です。当然、封じられている目のタイルが都市に隣接していたり、開拓地で囲まれていたりすれば利得は大きくなります。加えて、獲得した資源によってすぐに開拓地や都市化等が可能であるのならば利得は大きくなり、既に豊富に持っているか、これから先必要になる可能性が薄い資源であれば利得は小さくなります。

まとめます。7が出るか封じられている目が出るかによって、ソルジャーをサイコロを振る前に使うか後に使うかで裏目があります。ただ、それぞれの場合で得られる利得は異なり、一番出やすい7が出る可能性に賭けるよりも、封じられている目に賭けた方が利得の期待値としては大きい場合があります。相手も良い目だから盗賊で潰しにきているわけで、後者の利得が大きい場合も多いでしょう。加えて、ソルジャーを動かした先の目が出た、という状況も考えられます。もちろん、ゲーム中の状況に応じてプレイは変えなければいけませんが、迷ったら先に使うべきというのはある程度間違っていないと考えます。

 

簡単なガイドライン
先に使う方が良い場合
終盤
封じられている目が出たら開拓地や都市が建てられる場合
封じられている目が都市に隣接していたり、開拓地で囲まれている場合
チャンスカードを引く予定がある場合

後に使う方が良い場合
序盤
手札7枚以上の場合
封じられている目が産出する資源の重要性が低い場合

8/10 マスターズスクウェア八王子店 EDH

こんにちは。マスターズスクウェア八王子店で19時からのEDHのFNMに参加してきたので、レポートを書きます。使用ジェネラルはネヘブ。
ウィンドグレイス→始祖ドラゴン→ネヘブ
勝利統率者:ネヘブ
3ターンキルを決めました。
アニマー→始祖ドラゴン→ヴォリーナ→ネヘブ
勝利統率者:アニマー
2人フルタップで紅蓮破構えて決めに行ったらforce of willと神秘の合流点で撃沈。龍王シルムガルをコピーした幻影の像にネヘブを取られました。幻影の像の対象に取られるとサクる効果を忘れていたのが反省点。ただ、正しくプレイしても勝敗は変わらなかったと思います。

8時からスタンダードのFNMで、EDHはそれまでという感じ。正直、もう少しやりたかったです。
夏の間に、都内のEDHの大会にいろいろ参加してみたいと思います。東京mtg、トレカの洞窟などに目をつけています。
それでは。

8/3 イエローサブマリン池袋店 EDH

こんにちは。久しぶりの更新になります。

最近は、モダンはやらずに、MOでのヴィンテージキューブを中心に、たまに店舗でEDHをやっていました。

EDHは2つデッキを持っています。永遠衆、ネヘブと精霊の魂、アニマーです。どちらのデッキもジェネラルを中心としたデッキで、チェインコンボ気味の動きをする所が凄く好きです。

先週の金曜日にイエローサブマリン池袋店でEDHをしてきたので、レポートを書いておきたいと思います。

使用デッキ:精霊の魂、アニマー
対戦ジェネラル:鍛治の神パーフォロス、ウィル・ケンリス&ローアン・ケンリス、アニマのメイエル
ゲームについて
・1ゲーム目 パーフォロスが鏡割りのキキジキと士気溢れる徴募兵を3ターン目に揃えて勝ち
・2ゲーム目 メイエルが殴りきり
・3ゲーム目 コンボを決めて勝ち
・4ゲーム目 ケンリスに全体除去を2回打たれ復帰できず。ケンリスがジョークルホープスでリセット後にプレインズウォーカーを並べて逃げ切り
反省点
・土地の効果、及び出るマナを見逃した。
・ヴォリンクレックスの効果を誤解していた。EDHは使われるカードの範囲が広いので、分かったふりをせずカードの効果はよく読むことを心がけたい。
・全体除去をケアすることも考えるべきだったかもしれない。(4ゲーム目)
・カウンターの使い方が良くなかった。
気付き
・アニマーは、アニマーが場に出ていないとコンボができない。なので、業火のタイタンやウギンなど、継続的に除去され続けるカードに弱い。1チャンを作るためにキキジキコンボも検討すべきかもしれない(サーチはしにくいが)
・EDHではテンポはほとんど問題にならない。(初期ライフが2倍のため。)だからカウンターが強い。
・相手への妨害が大切で、そこからどう勝ちに繋げるか、いつ勝ちにいくかが難しい。

それでは。

4/29 イエローサブマリン池袋店 ドラフト・ウィークエンド

こんにちは。一昨日イエローサブマリン池袋店で行われたドラフト・ウィークエンドのイベントに参加してきたので、レポートを書きたいと思います。
デッキは以下。

f:id:rayoh3:20180501001311j:image
2マナ域・回避能力なしのクリーチャーがたくさんのいわゆる「クソビート」ですが、相手のデッキが全体的にかなり遅かったのと、毎回いいところで「包囲攻撃の司令官」が駆けつけてきてくれたおかげで勝つことができました。使ってみて強かったカードは「猛り狂い」で、タフネス修正が入るおかげで火力や「ギデオンの叱責」をかわしつつ、トランプルでダメージをねじ込んでくれるのが強かったです。
サイドボードは以下。

f:id:rayoh3:20180501001321j:image
「悪魔的活力」(福本的表現)と「菌類感染」は23、24枚目のカードなので、毎回いろいろ変えてました。なお3-1で「豊潤の声、シャライ」を取りましたが売ってしまったので写真には入っていません。
試合のレポート。
1回戦 vsUR ◯◯
1本目は割愛。2本目は相手が土地2枚で止まって勝ち。2本目はたぶん選択肢をミスしているところがある。特にマナスクリューしている相手に対して貴重な確定除去をどこで使うかについて。
2本目 vsWB ◯◯
1本目は相手が1マリから初動が4ターン目だったため勝ち。2本目は包囲攻撃の司令官がいる時の複雑なコンバットで最適解が出せなかったたと思う。
3本目 vsWG ◯◯
1本目は包囲攻撃の司令官がただただ強く、相手がややマナフラして勝ち。2本目は相手が数ターン土地2枚で止まっている時にライフを詰めて、飛行であと数点を削ろうかという時に「ウェザーライト」を出されて場が膠着。トップデッキ勝負になったが今度もギリギリのタイミングで包囲攻撃の司令官を引けて勝ち。この2本はよくプレイできたと思う。
ということで3-0。久しぶりにドラフトできて楽しかったです。
それでは。

1/13 アメニティドリーム新宿 イクサランの相克 プレリリース 1-2

こんにちは。1/13にアメニティドリーム新宿店で行われたプレリリースの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。イクサランの相克4パック、イクサラン2パックでのシールド構築で、スイスドロー確定3回戦です。僕はこの日の夕方の部に参加させてもらいました。
まずは使ったデッキから。

f:id:rayoh3:20180201211916j:image

デッキのデキはまあまあというところです。各色の強さがだいたい似通っていたため、白緑や青黒などいろいろ試しました。シールドの一般的な性質を鑑みて重くて強いカードを使える赤緑にしました。除去がやや少なく回避能力持ちが止まりにくいのが弱点です。
使ってみて強かったカードは暴走の騎士ですね。壁として優秀で、露骨に行動回数が変化しました。思い出されるのは「ウギンの目」で、あのカードが如何にぶっ壊れていたかがわかりました(笑)。
サイドボード&使わなかったカード。

f:id:rayoh3:20180201211932j:image

f:id:rayoh3:20180201211944j:image

f:id:rayoh3:20180201211952j:image

f:id:rayoh3:20180201212001j:image

f:id:rayoh3:20180201212011j:image

垂直落下は毎回サイドインしていました。火炎砲は対吸血鬼で入れました。ティロナーリの冠はタフネス1除去用です。
試合内容に移ります。
1回戦 vs青緑 ◯×◯
相手の方のデッキは、序盤はやや弱いがクメーナの登臨や探検の道などで中盤以降強く戦えるデッキでした。
このマッチの反省点は、手札に6マナのカードを抱えているのに5枚目の土地を置き忘れるミスと、次のターンの装備コスト支払いを計算に入れず装備品付け替えたミスですね。
2回戦 vs白黒 ××
相手のデッキは罠顎の暴君などが入っている全体的にカードの質が高いデッキでした。
1ゲーム目は除去が恐竜との融和でデッキの下に行ってしまい、飛行が止まらず負け。飛行が止まらないのは分かっていたので、リスクを取って殴ってダメージレースにした方が勝ち目があったかも知れません。
2ゲームは目は罠顎の暴君が出てきて負け。
3回戦 vs赤黒 ◯××
相手のデッキは低マナ域にカードが寄った凶兆艦隊の首折りなどが入ったデッキでした。
1ゲーム目のミスは相手の場に海賊のカットラスがあり、付け替えられると良いブロックができないのに無駄に殴らなかったことと、クメーナの登臨を変身させて土地として利用する選択肢を見逃していたことです。3ゲーム目にも、勝ち急いで相手のブロックの可能性を見逃したミスをしました。3ゲーム目は明らかに勝ち急いだ事が原因です。
最後にTipsを置いておきます。
・エターリは能力の一部で呪文を唱える。スタックには乗る。タイミングの制限は無視。なお追加戦闘系の呪文は唱えても追加コンバットら得られない。(MTG質問箱より)
最近忙しかったのですが、プレリリースになんとか参加できて楽しかったです。いろいろミスはしましたが、いつものようにカードの効果勘違いミスやソーサリーをインスタントタイミングで打つミスは少なくなってきてるので、段々マジックに慣れてきているのかなという感じです。
一つ気になったのは、僕が参加した部では予約以外の参加者さんがいなかったことです。以前書いた通りプレリリースは人によっては楽しめないこともあるので、必ずしもマジックを始めたての人に薦められるものではないと思います。僕も含めてプレリリースでも真剣にプレイしたい人もいますし。ただお店の常連さんしかこないというのも寂しいです。オープンハウスなど最近は色々な試みをしているようなので、是非実を結んで欲しいですね。
それでは。

1/7 アメニティドリーム新宿店 モダン 1-1

こんにちは。1月7日にアメニティドリーム新宿店で開催されたモダンの大会に参加してきたので,レポートを書きたいと思います。参加人数5名の3回戦。使用デッキはエルドラージタックスで,サイドのミラディンの十字軍を豪華の王,ゴンティに変えたのが変更点です。結果は2-1でした。
1回戦 vs5C Human Company ◯×◯
1ゲーム目は相手が壮絶にマナフラしたため勝利。2ゲーム目は除去をたくさん引いたものの攻め手を引かずに押し切られました。2ゲーム目の反省点は翻弄する魔導士がスタックにある時に相手が指定するであろう流刑への道を打たなかったことです。3ゲーム目はオルゾフの司教+変異エルドラージを決めて勝利。印象としては変異エルドラージがこちらの一番大事なカードなので、できればクリーチャーを交換せず変異エルドラージの受けを作っておくことが大事かなと思いました。
2回戦 vsBRG Jund ××
1ゲーム目は先手の2ターン目にレオニンの裁き人か潮の虚ろの漕ぎ手の2択で裁き人を選択しましたが、これは間違っていなかったと思います。ゲームは変異エルドラージが生き残ることだけが勝ち筋でしたが除去され負け。2ゲーム目は先手でマリガン。クリーチャーが少なかったためヴェールのリリアナをケアしてクリーチャーを出しませんでしたが、相性が悪い相手で、マリガンもしていたためリスクをとるプレイをした方が良かったかも知れません。
最後にtipsを置いて置きます。
・人間デッキの基本土地多くの場合平地が1枚で,たまに森が入っていることもある。
・人間デッキの全体強化は2マナ域のみ。バイアルが2の時は気を付けること。カンパニーは入っていないことが多いので、だいたい見たまんまの戦闘になる。
ジャンドやコントロールには未練ある魂,あるいはギデオンが引けるかどうかが重要になるため、メタにいそうならもっと入れるべきですね。今はミラクルメイン1、サイドからギデオン、未練、ゴンティという感じです。ギデオンはややもろく、1ターンは破壊されずに持ってくれないとまずいカードなので,ギデオンを未練ある魂に変えた上で安らかなる眠りの代わりに大祖始の遺産を入れるサイドプランを試してみたいと思います。あと,今回は勝ちましたが人間カンパニーは明確に全体除去が必要なデッキですね。サイドに枠を取るのは難しいのですが黄昏+払暁を入れるかどうかです。
それでは。

1/5 イエローサブマリン池袋店 EDH(FNM)

こんにちは。1月5日にイエローサブマリン池袋店で行われた統率者のFNMに参加してきたので、レポートを書きたいと思います。イエローサブマリン池袋店では隔週で統率者のFNMを行っているみたいです。僕は初参加でしたが、和気藹々とした雰囲気で楽しく大会に参加させてもらいました。
参加者7名で、3人宅と4人宅に分かれての対戦でした。僕は3人宅の方で数回対戦させてもらいました。
デッキは前回と同じく統率者が永遠衆、ネヘブのランプ/コンボデッキです。前回からの変更点はボガーダンのヘルカイトを抜き、血染めの月を投入したことです。
1ゲーム目 先見的設計家、ムッティオ クロールの死の僧侶、マジレク 永遠衆、ネヘブ 
勝利統率者:クロールの死の僧侶、マジレク
このゲームの反省点は呪文滑りとは破壊放題の相互作用を見逃した事です。ゲームはネヘブが徹底的にマークされ、出産の殻を維持したマジレクが殴りきりました。
2ゲーム目 ムッティオ マジレク(自分) 荒廃のドラゴン、スキジリクス 
勝利統率者:先見的設計家、ムッティオ
このゲームでの反省点はサイクリングランドにマナを使ってしまい打つべきミジックスの熟達が超過で打てなかったことと、軽率にルーン角のヘルカイトの効果を使ってしまい相手に利益を与えてしまったことです。ゲームはムッティオがコンボを決めて勝ちました。
3ゲーム目 スキジリクス ムッティオ ネヘブ 
勝利統率者:荒廃のドラゴン、スキジリクス
このゲームでの反省点はドラゴンの嵐を打つ時に、山札の中のドラゴンの枚数を意識していなかった事です。ゲームはムッティオを狙ってまず倒してから泥試合になり負けました。
他の反省点や気づきをを書いておきます。
・堕ちたる者、オブニクシリス(サーチ妨害)がフェッチランドとドラゴンの嵐に強かったです。サーチ妨害は対応してフェッチを切るように心掛けたいです。
・それと関連して、盤面の把握、特にヘイトパーマネントには特に注意を払うようにしたいです。EDHは盤面が複雑になりやすいですが、「今何ができないのか」は常に意識したいです。
・マナの数え間違いが多かったです。ネヘブは相手がそのターン中に失ったライフを厳密に記憶しておく必要があるので、何らかの工夫をした方がいいのかもしれないと思いました。
今回の結果を受けて、デッキの統率者の宝球を抜き思考の器にし、サイクリングに2マナかかるタップインランドも抜く事に決めました。単純に弱いと思ったからです。
これからの課題として、妨害カードの選別及び使い方をマスターしていきたいですね。EDHだと一直線に勝ちにいくと狙われるため、他者と協調できる妨害カードは重要だと分かってきました。
それでは。