読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/9 アメニティドリーム新宿店 モダン 2-0

こんにちは。今週の日曜日にアメニティドリーム新宿店で行われたモダンの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。大会参加人数は3人で、総当たりの2回戦でした。店員の方に聞いてみた所、最近はこれくらいの人数で推移しているそうです。モダンマスターズ2017も発売されてそろそろ1ヶ月。シングルカード単価の値下がりがそろそろ始まる頃合いです。逆に値上がりしたカードもありますが(おそらくGP需要)、長期的に見ればそのようなカードも下がっていくと思うので、是非今多くの人にモダンを始めて欲しいですね。ただ、店員の方の話では、モダンは現状維持だがスタンダードの大会参加人数の落ち込みが最近顕著らしいです。僕はスタンダードは詳しくないのですが、印象としては基本セットを無くし1年2ブロック制にした方針転換が上手くいっていないのではと思います。
大会に話を戻します。使用デッキはエルドラージタックス。メインはmoptqの結果を見て、入賞したエルドラージタックスが全てメイン流刑への道4枚だったので、メインの致命的な一押し1枚を4枚目の流刑への道に変更。サイドは変えていません。
1回戦 WBU・ミッドレンジ ◯◯
相手の方のデッキは、EsperPWsからヴェリアナ以外のPWやエスパーチャームを抜き、そこに屑鉄場のたかりや、戦隊の鷹やコプターなどを入れ、ぐだらせた後に粘り強い脅威で勝ち切るというデッキでした。
1ゲーム目は面白い盤面があったのでWhat is the Play?を。今は自分の4ターン目。こちらの場には
・潮の虚ろの漕ぎ手(ヴェリアナを追放)
・バイアル(3)
・幽霊街、平地、秘密の中庭、エルドラージの寺院
手札は
ちらつき鬼火、不毛の地の絞殺者、潮の虚ろの漕ぎ手
墓地にデッキに1枚の沼が落ちています。
相手の場は
・ヴェリアナ(忠誠度2)
・コプター
・戦隊の鷹
・闇滑りの岸、湿った墓、島、神聖なる泉(全てタップ)
手札は戦隊の鷹3枚、墓地には未練ある魂があります。
どうプレイしますか?

僕のとったプレイは
バイアルを起動し、ちらつき鬼火を出して戦隊の鷹を追放(対応してコプターに搭乗)。不毛の地の絞殺者でコプターを破壊(漕ぎ手のヴェリアナを昇華)。漕ぎ手で場のヴェリアナを落とす。
でした。何もせずまず漕ぎ手でアタックした場合、相手がコプターに搭乗してくれれば不毛の地の絞殺者をバイアルから出し、ちらつき鬼火を温存しておけるのですが、相手が何もせずブロックに入られるとヴェリアナが生き残ってしまうため、このプレイは失敗です。ただ僕のプレイにも失敗はあって、相手がちらつき鬼火の効果に対応してコプターに乗らなかった場合、不毛の地の絞殺者の効果をこのターン相手のクリーチャーに使えなくなります。そうすると相手が次のターンに除去を引いた場合などに面倒臭くなります。なので、ここはまずマナを支払ってちらつき鬼火を出すのが正解で、相手が搭乗したら不毛の地の絞殺者をバイアルから出すべきでした。僕が上記のプレイをしなかったのは戦闘後に自分の幽霊街で平地を割って黒マナを調達し、潮の虚ろの漕ぎ手を出すためにはまずバイアル起動から入らないと土地の寝かせ方的にまずかったからですが、デッキに1枚の沼をヴェリアナの+能力で捨てたのを失念していました。
実際のゲームではこの後相手のドローが芳しくなく、盤面に大きな影響を与えるパーマネントを引かれなかったため、こちらのクリーチャーと相手の1/1飛行数体との交換を繰り返しながら単純なサイズの大きさで勝るこちらが押し切りました。
2ゲーム目は相手が序盤にたかり屋×3とコプターという偏った引きをしたことで、ダメージレースに。相手がハンデスでちらつき鬼火を落とした影響で、相手のコプターは止まらなかったのですが、たかり屋はこちらの異端聖戦士サリアと難題の予見者によってアタックに向かうことを阻止できたため、ダメージレースを制して勝つことができました。
2回戦 GW・humanscale ◯◯
相手の方のデッキは、人間/同盟者が場に出た時に自身に+1/+1カウンターを置くクリーチャーと硬化した鱗を組み合わせたデッキで、アクセントしてランタンの斥候(同盟者に絆魂付与)が入っていました。実はこの方とはエルドラージタックスを使い始めの頃に同じお店で対戦していて、その時は僕のプレイが遅かったのも一因で引き分けになっているので、今回は避けたいところです。
1ゲーム目はお互い1ターン目に硬化した鱗、バイアルと代表的な動き。ダメージレースになりましたが、ちらつき鬼火+刃の接合者のコンボで先制攻撃のブロッカーを量産できたことで、なんとかダメージを抑えて現実を砕くものでダメージレースを制することができました。
2ゲーム目は初手がパス、変異エルドラージと土地5というハンドでしたが、変異エルドラージはこのマッチアップではとても重要なカードなのでキープ。2枚目の変異エルドラージを敢えて出さないなどして能力でダメージを抑え、中盤以降は不毛の地の絞殺者をブリンクしてアドバンテージを取りながら戦線を整えて勝ちました。
今回の大会では、僕が繰り返し見落としている所が2点見えてきました。まず1つ目は場にレオニンの裁き人がいる時に相手に流刑への道を打たれた時にライブラリーからカードを探してしまうという点と、2つ目は変異エルドラージや修復の天使のようなタイプのブリンク能力と、ちらつき鬼火のブリンク能力を混同してしまうことです。特に2点目は刃の接合者と組み合わせて、インスタントタイミングで先制ゴーレムトークンを出して…とか考えている時に見落としやすいので、気を付けたいです。
それでは。