読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/7 アメニティドリーム新宿店 モダン 1-0

こんにちは。今週の日曜日にアメニティドリーム新宿店で開催されたモダンの大会に参加してきたので、レポートを書きたいと思います。参加者2名の1回戦。使用デッキはエルドラージタックスで、構成はメインサイドともに変更無しです。

vsジャンド死の影 ◯◯
 相手の方のデッキは2週間前に当たったのと同じものでした。
1ゲーム目は面白い盤面があったのでWhat is the Play?を。

f:id:rayoh3:20170513195619j:image

*写真では違いますが、サリアはタップ状態です。
今は自分の第二メインフェイズで、難題の予見者を唱え場に出て効果の解決中です。
自分の場。ライフは19。

画像 間違い
相手の場は、
ライフ13
沼、踏み鳴らされる地(フルタップ)、炎の印章
手札は、ウルヴェンワルド横断、思考囲い、稲妻、森、草むした墓
墓地は、フェッチランド1枚と思考囲い1枚。
どうプレイしますか?

僕のプレイは、①稲妻を取り除き、相手のドローステップに潮の虚ろの漕ぎ手を出す。
でした。理由は2点で、まず墓地にインスタントを送りたくないということと、こうすれば相手に難題の予見者を対処する方法が無くなることです。しかし、相手のドローステップに潮の虚ろの漕ぎ手を出す必要は無く、そこはミスプレイだったと思います。次のターン相手は恐らく思考囲いからプレイしてきますが、それに先んじて炎の印章でサリアを焼くという選択肢を相手に与えておくべきでした。
他のプレイとしては、②思考囲いを抜くプレイもあったかなとは思います。理由はこのマッチアップで重要なカードである変異エルドラージを次のターンバイアルX=3で構えられるのと、次のターン相手が稲妻と炎の印章で難題を落としにきてくれれば、潮の虚ろの漕ぎ手を実際のプレイより生かせるからです。
そのターンの返しに相手は死の影を引き、ショックインと思考囲いでライフを9にして死の影。こちらは次のターン引いた潮の虚ろの漕ぎ手を幽霊街を自分の土地に使って白黒を出して場に出し、ウルヴェンワルド横断を追放。その後相手は土地、こちらは刃の接合者を引いたので、場が
相手 ライフ9 死の影4/4
こちら ライフ14 難題の予見者4/4 スレイベンの守護者サリア2/1 漕ぎ手2/2 刃の接合者1/1 ゴーレムトークン3/3
となり、全軍でアタックに行きました。相手は難題をブロックしなければならず、その場では相打ちで処理したのですが、これがルール上間違いで、本当は状況起因処理のチェックが入る時には死の影は12/12になっているため、こちらの難題が一方的にやられるはずでした。こちらも悪意なくその場では見落としていたのですが、申し訳なかったです。返しに何も引かれず、このゲームはこちらが勝ちました。
2ゲーム目は後手で
・エルドラージの寺院×2
・潮の虚ろの漕ぎ手
・変異エルドラージ
・難題の予見者
・流刑への道
・安らかなる眠り
という初手をキープ。相手は2ターン目に苦花、こちらは後手2ターン目に難題で、
・大爆発の魔導士
・苛立たしい小悪魔
・歩行バリスタ
・ウルヴェンワルド横断
・草むした墓
から大爆発の魔導士を追放。3ターン目に白マナを引けましたがタップイン。ただ相手もクロックが無かったため4ターン目安らかなる眠りが間に合い、変異エルドラージでトークンを処理してライフを詰めて勝てました。

 最近このデッキで気になっていることは、サイドに石のような静寂を入れる事の是非ですね。僕はバイアルをどのデッキ相手にも抜きたくないと考えているので、それと噛み合いが悪い石のような静寂の代わりに真髄の針を入れているのですが、石のような静寂がマナ能力も止められる事も思いの外大きく、今はどっちつかずの状態です。前はずっと石のような静寂を使っていたので、しばらくは真髄の針で試してみようと思います。
それでは。