読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/3 晴れる屋 19時ドラフト 1-2

(承前)
1回戦 vsUB ◯××
相手の方のデッキは、コントロールデッキでフィニッシャーとして「歯車襲いの海蛇」や「砦の発明者」、また「速成職人のスパイ」などが入っているデッキでした。1戦目は相手がおそらく色事故していたため取るものの、2ゲーム目と3ゲーム目は長引いた末に負け。負け方としては、タフネス4の壁の前にこちらが殴りに行けなくなって負け、という感じでした。こちらも4マナ以上でパワー/タフネス4以上のクリーチャーはいるのですが、そのマナ域になると相手の土俵に半分乗っているようなものでだんだんと不利になり攻撃が通らなくなってしまいます。反省点としては長引きすぎて3ゲーム目で時間オーバーしてしまったことです。
2回戦 vsGB ◯◯
相手の方のデッキは巻きつき蛇は入っていたもののクリーチャーはあまり強くないという印象でした。この方は僕の下家だったのですが、僕と緑が被っていたのがその原因かもしれません。1ゲーム目は除去とコンバットトリックを駆使してこちらが殴りきり。2ゲーム目は相手がマナフラッドし、勝ちました。対戦で気付いた点としては、ショックで破壊できないタフネス3の強さですね。この方とは試合後何回かデッキはそのまま対戦したのですが、ショックで破壊できないタフネス3が序盤に出てきてしまいテンポ負け、というのが1番の負けパターンでした。
3回戦 vsWU ◯××
相手の方のデッキは極上の大天使とスカイソブリンが入った強力なものでしたが、低マナ域がややアグロ寄りでちぐはぐな印象を受けました。1ゲーム目はビートダウンしきるものの、2ゲーム目以降は神話レア2枚をどちらも出されたのが響き、負け。デッキの弱いところがもろに出てしまいました。ただ、相手のデッキのレア以外のカードの質はこちらより劣っていた以上、スカイソブリンが見えた3ゲーム目は壊し屋グレムリンをサイドインすべきだったと思います。

この環境初のドラフトだったのもあり、ややぼんやりとした振り返りになってしまいました。加えて今回は初めてドラフトでの声を出す役をすることになったのですが、他の人の事を気にかけなければいけず、緊張した結果、ピックが少し疎かになった気がします。だんだんに慣れていきたいですね。次回は今回の反省を活かし、ピックでも試合でも落ち着いてプレイできたらいいと思います。
それでは。