読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/3 晴れる屋モダン杯 3位

こんにちは。昨日の晴れる屋モダン杯に参加して来たのでレポートを書きたいと思います。使用デッキはアドグレイス。結果は4-1-1で3位でした。

1回戦 無色トロンエルドラージ ×○○

1戦目は後手でした。相手に虚空の杯X=0で置かれ、稲妻の嵐を難題で抜かれた結果、むかつきで引き切った後の燃焼を歪める嘆きでカウンターされて負けました(否定の契約は打てません)。あと睡蓮の花もカウンターされてしまうのも忘れていました。2戦目は先手で、相手が後手3ターン目に難題を出すもこちらは非生を前のターンに場に出していた上むかつきが2枚手札にあったので勝ち。3戦目は後手でしたが、虚空の杯X=1と真髄の針指定稲妻の嵐の上から非生+むかつき+燃焼で勝ちました。相手はサイドボードの幅が狭く、置物を割れないので、非生を出せば後は虚空の杯と難題に嵌められない限りだいたいどうにかなる感じですね。

2回戦 4C Company ○×○

1戦目はクァ―サルの群れ魔導士でマナファクトを割られる妨害をされましたが土地を伸ばすのが間に合って勝ちました。2戦目は後手でしたが、キープミスをしてしまい負け。ゲームそのものはできるものの勝てるハンドでは無かったです。3戦目は先手で、相手が5枚までマリガン。サリアを出されましたが呪文滑りで時間を稼いで普通に8マナでコンボを決めて勝ちました。前にも同じミスをしましたが相手の色の確認をしていませんでした。レシピが知られていないデッキと出会った時は相手の色を確認して、相手がデッキに入れているであろうカードに対して想像力を働かせるようにしなければいけないのを怠っていたと思います。

3回戦 GrTron ○○

1戦目は相手の回りが芳しくなく5ターン目にコンボを決めて勝ち。2戦目は熱戦でしたが相手の最高の回りをケアして勝ちました。トロンは結局サイド後のBGと同じで、こちらのリソースが削られる戦いになることを意識するのが大事だと感じました。

4回戦 Ad Grace ×

1戦目に負けて疲れてトス。ミラーマッチは不毛の一言なので本当にやりたくないのですが、今大会では参加者30数名のうち僕が知っているだけで自分を入れて3人がアドグレイスを使っていました。ということは、だいたい大会の8~9パーセントのシェア率があることになります。スタンならいざ知らずモダンだとこれはかなり高い値になるので、もしこれが今後も続くようなら同型対策が必要になるのかも知れません。またトスするのは嫌なので今後考察をして記事を上げたいと思います。

5回戦 Naya Burn ○○

1戦目は先手で非生から4キル。2戦目は後手で手練土地土地占術土地占術土地力線力線というハンドがきて悩みながらもキープしましたが全然パーツを引けず、相手に殴り切られる1ターン前になんとかパーツが揃って勝ちました。これはマッチそのものとは関係ないことですが、ゴブリンの先達はきちんと手順を踏んで誘発型能力の処理をしないと、いろいろなトラブルの元になりそうなので、きちんと処理しないといけないなと感じました。

6回戦 ID

ということで3位でした。今大会の反省点としては4回戦でかなり体力を消耗してしまったこと、プレイに集中しすぎて紳士的にプレイできていなかった所があることがあげられると思います。プロツア―の動画などを見ていると本当に強い人はゲーム前とゲーム中、そしてゲーム後の切り替えがすごく上手だなと感じます。マジックは対人ゲームである以上、お互いに気持ちよくプレイしたいのでゲーム前、ゲーム後のあいさつや感想戦などでいかに紳士的に振る舞うかというのも大切な要素だと思います。経験を積んでいくなかでいかに切り替えるかというのも気を付けていきたいです。

晴れる屋でアドグレイスで結果を残せたのはうれしいですが、プレイするたびにまだまだわからないことが多いと感じます。ただあまり気負わず、ゲームを楽しむ事を心がけてもっともっと上達していきたいと思います。

それでは~