読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレリリース

今日は、本日参加してきたプレリリースについて書きたいと思います。

さて、実は私は今回が初のプレリリースなのですが、正直、あまり楽しくありませんでした。理由としては、

①知らないカードが多かった

プレリリースなので当たり前なのだろうし、そこが魅力という人もいるのでしょうが、僕には合っていないようで、ただただフラストレーションが溜まるだけでした。

②ミスの判別が難しい

いつもモダンでプレイしていると、間違っていたり不用意なプレイをするとそうと分かるのですが、慣れていないシールド環境だと何が正しい手で何が間違っているのか判断がつきにくく、勝っても負けても釈然としませんでした。勝手な感想ですがシールドだとデッキのやりたいことが不明確になりやすくてゆえにプレイの成否も判断しにくくなるのかなと思いました。

③勝利に対する褒賞が無かった

今回参加させていただいたお店の方針で、参加賞は結果にかかわらず2パックだったのですが、正直何も懸っていないマジックがこれほどつまらないとは思いませんでした。もちろんこれは僕が毎回勝てるような強いプレイヤーだということではなくて、勝負に臨む気概の話です。たとえ1パックであっても勝ったらもらえて負けたらもらえないとなると全然違う感触になるのではと思います。

次に使ってみたカードの感触を書きます。

・秋の憂鬱

フルスポを見た時点で注目していたカードなのですが、正直あまり強くないと思います。まず、変身しないと場に影響を及ぼさないので出したターンに変身させないとテンポ的に大分損をします。モダンで緑のクリーチャーとなるとタルモゴイフとの比較になると思うのですが、タルモの方が1マナ軽くて安定しているので、呪禁で差別化ということになりますが、「トロールの苦行者」や「最後のトロール、スラーン」の方が使いやすいと思います。惜しむらくは変身が強制であることと自分のエンドにしか変身できない点で、相手のエンドまで待って変身するということができれば、トランプルも込みで「ヴェールのリリアナ」対策としてジャンドやアブザンのサイドやメインに入りえたと思いますが、現状ではチャンスはないと思います。

・ギトラグの怪物

いろいろなコンボがある面白いカードだとは思いますが、実は維持していてもそれだけではアドバンテージを稼いではくれないので、普通のデッキには少し採用しづらいと思いました。もちろんフェッチと組み合わせるだけでもいいのですが、5マナだったら自分で完結していてほしいですよね。ですがコンボデッキならばポンと出して生き残ればカードを引き増してコンボパーツのもう一方を探しにいけるので強いかな。

印象に残ったのはこんな感じです。怪物は出た瞬間に勝てる2枚コンボが見つかれば実戦レベルまで行けると思います。

それでは~