読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黒界構築論

とりあえず、メモ的な意味でも、暗黒界についてわかったことをまとめておきます。
まず大事なことは、暗黒界は「捨てるカード」と「捨てられるカード」の両方があって初めて強いということです
これが一番大事で、うまく構築しないとどちらか一方しか来なくて負けるなんてことがありえます どちらも単体では弱いので
なんで、暗黒界を使う場合はどちらもそろえられるだけの時間を稼ぐことを意識しなければなりません
そして肝心の目指すべき動きですが、主に「門+スノウ」と「墓地にグラファ+手札に暗黒界モンスター」の二つになります
どちらも1回決めるだけではだめで、決めて長いターンこれを維持していくことが必要になります
「門+スノウ」は実質的に通常のドローに加えてさらにカード1枚+サーチしてるので弱いわけがないですしグラファは維持できれば不死身の高打点なのでアドバンテージで圧殺できるでしょう
しかし「奈落の落とし穴」「次元幽閉」「ゴットバードアタック」といったカードでいとも簡単にくずされてしまうため、「盗賊の7つ道具」といったカードでのケアは必須だと考えます 「暗黒界の雷」はなかなかうまくきまらないときも多いですがコンボパーツにもなる上に上記のカードの対策にもなりうるため必要だと思います 弾圧チェーンされたら天を仰ぎたくなりますがww
そしてこのデッキで一番難しいのは序盤です 長い時間をかけてアドバンテージをとっていくデッキなので序盤は力が出せず苦しいです これをどうケアするかが大事になってきますが、筆者は答えが出せていません(爆) このデッキはグラファ以外での勝ち手段に乏しいため第2の勝ち手段としてのカードを入れたい訳なんですが、そこで思いつくのは「魔轟神レイブン」です。能動的に何枚でも手札を切れるこのカードは主に暗黒界のスタートカードとしての活用もありますが、シンクロ素材にするのは難しいです。というのは、手札に暗黒界モンスターをグラファのためにとっておく必要から、「ベージ」「シルバ」といったモンスターをシンクロ素材にするのには躊躇があり、大事なメインの勝ち手段と相反しています これをうまく解消できるカードがあればいいんですがねぇ…
それでは〜