読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デッキ紹介 エクシーズ天使

こんにちは。今日は、3月29日に開催が予定されていた綾瀬CSで使おうと思っていた、お触れエクシーズ天使を紹介します。
まずレシピから。
奇跡の代行者 アース3
創造の代行者 ヴィーナス3
朱光の宣告者 3
神聖なる球体 3
ヘカテリス 2 
コーリングノヴァ 2
オネスト 1
マシュマロン 1
マスター・ヒュぺリオン3
大天使クリスティア 2
強欲で謙虚な壷 3
天空の宝札 2
死者蘇生 1
ブラックホール1
サイクロン2
月の書 1
神の居城 ヴァルハラ 2
レベル制限B地区 1
激流葬1
王宮のお触れ3
エクストラ
*テンプレに加えて、「ガチガチガンテツ」と「エンシェントホーリーワイバーン」を入れてください。

さて、天使と言えば割りと有名なデッキで、前環境の一角を占めていました。新環境に入ってこのデッキに入ったのは「王宮のお触れ」と「ガチガチガンテツ」です。

  • 王宮のお触れ

なぜ、王宮のお触れがこれまでのデッキに入ってこなかったのかといえば、これまでの環境には1つは、これを貼ったことで相手が利するデッキがあったからです。「インフェルニティ」なんかその典型ですし、「六武衆」は、王宮のお触れはトラップカードなので、伏せて、表向きにするころには勝負がついているかシエンやナチュルパルキオンなどがいて無効にされてしまうことがほとんどでした。
もう1つの要因としては、これをはったとしてもある程度相手が戦えることが多いことでした。代表的なトラップビートである前環境の「旋風bf」においては、これが貼ってあってもカルートや月の書で戦えますし、お触れにチェーンしてゴットバードアタックを撃ち破壊することができました。
今、環境初期とはいえ、墓地bfやヒーロー系統のデッキ、墓守、そしてジャンド、デブリなどが環境の主要だと考えていいと思います。この中で、お触れが相手に利するデッキは、まだ構築のテンプレが定まっていないジャンドくらいで、あとはほぼ効くといってもいい量のトラップがデッキに入っています。特に、墓守、墓地BFは除去のほとんどをトラップに頼りきっているため、非常に刺さります。月の書規制が大きく、お触れを貼ると後はサイクロンに注意するだけでほとんど妨害カードはとんでこないといっていいと思います。つまり前と違い「誤魔化す」ことができないわけです。

  • ガチガチガンテツ

エクシーズ・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 500/守1800
レベル2モンスター×2
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターの攻撃力・守備力は、
このカードのエクシーズ素材の数×200ポイントアップする。(遊戯王wikiより引用)
レベル2モンスター2体…つまりボール2体でだせるわけですね。ヴィーナスでボール2体だしてからこれを出すと、カード1枚で攻撃力2000のモンスターと守備力2200の壁ができあがるわけです。
これは非常に強力で、いままでヴィーナスを生かそうと考え続けてきた決闘者たちの努力…馬の骨の対価だったりバードマンだったりが報われたわけです。よかったよかった。
お触れが入れられたわけはここにもあって、今まではヴィーナスはアースとかとシンクロしないとクリスヒュぺ降臨の土台をととのえるだけのカードで、できればアースを幽閉や神の警告で守りたかったわけですが、これが単体でもつかえるならば、最悪、アースはヴィーナスをサーチするためのカードとしてほうりなげてもかまいません。
レベル制限B地区もこれがあるからこそ入れたカードです。いままでの天使はアースヴィーナストリシェーラやヒュぺクリスでどやするデッキでしたがいまやこれを作ってB地区貼るだけでも相当強いです。アースを守れるというシナジーもあってそういう意味でもとても強い。もしこれからエクシーズモンスターをメインの攻め手とするデッキがでた場合、エクシーズモンスターはレベルに縛られないためB地区は必ずはいってくるカードだと思います。
このデッキであと変わっている点は、コーリングノヴァとマシュマロンでしょう。これの採用にももちろん理由はあって、このデッキ、お触れが入ったことで相手の一発がはいりやすくなってしまってるんです。この弱点は瞬間的な打点の生成を得意とする墓地BFに対して深刻で、お触れを伏せたことが仇になって相手に先に撲殺されることが多々ありました。
それで墓地BF対策を考えてみた場合、墓地BFがいやなのはアームズなどを出したターンに相手ライフにダメージを与えられないことです。墓地シンクロのシステムは3回しか使えないわけですから、その3回で確実に相手を殺すことが必要です。そこでせっかくだしたのにダメージが入らないと相手としては、特にこういう返しの手が豊富なデッキに対してはつらいです。
そこで、コーリングノヴァとマシュマロンを採用して見ました。相手のデッキでマシュマロンを突破できる方法は、シンクロするか、ゴトバをうつかしかないです。1アドがとても大事な墓地BFにとってシンクロをするのは賭けといってよく、朱光やヒュぺで返されることを考えるとやりにくい。ゴトバは痛いですがせっかくだした墓地シンクロの機会を1回つぶしてゴトバをうたせたのならまあ仕事したといっていいと思います。
天使はガチガチガンテツのおかげで強くなりました。いろいろな構築が模索されることと思いますが、もしこのデッキが参考になれば幸いです。僕自身、これからもよりよい構築を目指していきたいと思っています。
それでは〜